Googleのビッグデータ分析サービス「BigQuery」がすごい

Google、ビッグデータ分析サービス「BigQuery」を一般公開 – ITmedia ニュース.

米Googleは11月14日(現地時間)、同社のクラウド上でいわゆる「ビッグデータ」を分析する企業向けサービス「Google BigQuery Service」のプレビュー版を公開したと発表した。正式版は有料になる見込みだが、現在は無料で利用できる。

BigQueryは、同社が2010年の開発者向けカンファレンス「Google I/O」で発表したクラウド分析サービス。これまでは一部の企業を対象にクローズドなプレビュー版を提供していた。

ユーザーはGoogleのクラウドストレージサービス「Google Cloud Storage 」に分析したいデータをアップロードし、Webブラウザ経由で分析できる。同社は10月にクラウドデータベース「Google Cloud SQL 」を公開しているが、BigQueryはデータベースではなく、大容量のCSVデータの分析に向いているという。同サービスでは、テラバイト級の、数兆件のデータを含むファイルを分析できるとしている。

企業がブラウザ経由でビッグデータを分析できる。

テラバイト級のデータを分析できるというから驚きだ。

リアルタイムに分析してその分析結果を使うようなサービスには使うことはできなそうだが、データはあるけど何にも使っていなかったというような「宝の持ち腐れ」をしていた企業にとっては朗報なのではないだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です