米ヤフーの独自ウェブブラウザ「Axis」、新検索が確立するか?

米ヤフーが独自のブラウザを発表した。

>米ヤフー、独自のウェブブラウザ「Axis」を発表へ – CNET Japan.

 

ポイントは、検索行動の中の「中間ステップ」を取り除くことだという。

どのようなことかというと、検索結果にテキストの一覧ではなく、キャプチャーの一覧を並べる、さらにそのキャプチャーを選択するだけで、下にその詳細な内容が表示されるというしくみだ。

つまり、1つずつクリックして確認するということなしに、その検索結果画面上で

すべてが確認できるようになるということだ。

 

気になるのは、「広告」だ。

検索連動型広告が入り込む余地がない。

どうするか?

きっとこのキャプチャーの1つとして入る形になるだろう。

そして、広告の指標が「クリック」ではなく「ビュー」になる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です