アトリビューションマネージメントとは

アトリビューションマネージメントについて。

引用:View throughに注目。ネット広告の最新のトレンド、アトリビューションとは :コラム:アドテクノロジー最前線:VentureNow(ベンチャーナウ)

■「アトリビューション・マネジメント」とは

 Cnet の記事によると、「アトリビューション・マネジメントは、目標コンバージョンに至ったユーザーの行動軌跡を測定し、接触した施策それぞれに貢献度合いを割り当て、各施策の貢献度合いに応じた広告予算の最適配分を行う取り組み」とある。

 attribution を辞書でひくと「(人や物に)帰属する、属性」という意味が記載されており、attribution managementで「要因分析管理」という意味。「要因分析管理」をすることで「直接・間接の貢献度合い」を見出し、予算管理をするということで使われている。

 ど真ん中で「attribution management」のサイトもある。

 どういうことかというと、「Click Through」だけが KPI(Key Performance Indicator)とした広告ではない。その前に検索したキーワードやリーチしたディスプレイ広告、メールマガジン、ブログ記事など、クリックしてコンバージョンする前にリーチしてコンバージョンに貢献していた、つまり態度変容を起こしていた広告やコンテンツに注目しようという「View through」にも視野を広げた話なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です