広告は「点」から「線」へ。そして「面」へ:アトリビューションとオーディエンス拡張

アトリビューションをどのように評価するか。

なかなか難しい問題。

広告接触による態度変容をどう計測して最適化するのかの実例 | Web担当者Forum.

このフリークアウトがやっている手法は

1.オーディエンス拡張

2.リターゲティング

3.ブランドワード刈り取り

のフローである。

それぞれのステップでのラストクリックコンバージョン(直接コンバージョン)も狙いつつ、このフローで育ちながらコンバージョンすることも同時に狙っている。

ブランドワード刈り取りについては、オーディエンス拡張やリターゲティングでバナー広告などでユーザに接触して、ブランド認知をして、最終的に検索画面で純粋想起させてブランドワードを入力してもらい、コンバージョンしてもらうという手法だ。

元々のブランドの強さにも依存してくるとは思うが、この記事の例では、ブランドワード検索による間接コンバージョンの40%がこのファネルを通じてのコンバージョンだという。

あんがい、この手の手法は最終的にCPA換算すると高くなってたりもしがちではあるが、なんにせよ「点」で捉えるこれまでの広告手法から、「線」で捉える広告手法に変わってきているのは間違いないと思われる。

そして、「線」がオーディエンス拡張などの技術などにより「面」にどんどん変わっていくことも想像はしやすい。

さあ、これからの広告テクノロジー業界は忙しくなるだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です