カメラメーカーは医療機器分野に強みを基に多く参入している

デジカメメーカーは実はデジカメだけで収益を得ているわけではない。

着実に自分たちの強みを他の業界にシフトしていて業績拡大している。

シフト先としては医療機器分野が顕著である。

「デジカメメーカーが、医療機器で大繁盛している」 こんな話を聞いたら、不思議に思うカメラユーザーは少なくないだろう。 高齢化などによる医療機器需要の増大を受け、現在、医療ビジネスは「大隆盛」の様相を呈している。そんななか、気炎を上げるのが、富士フイルムホールディングス、オリンパス、コニカミノルタホールディングス、ペンタックス(今年HOYAへ吸収合併)、キヤノンなど、これまでデジタルカメラで世界的なシェアを取って来た精密機械、情報機器メーカー各社だ。

引用元: 医療ビジネスで意外なほど潤うカメラメーカーの“好景気”|News&Analysis|ダイヤモンド・オンライン.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です