北海道、青森、茨城、能登… 独自の活性化策で利用客を増やす地方空港

「搭乗率保証制度」は面白い取り組み。

目標達成に対する地元の団結感は出るだろうな。

地方空港の成功モデルといわれる能登空港。注目を集めているのが全国初の「搭乗率保証制度」である。事前に地元が搭乗率を保証し、目標(一定のバッファー含む)に満たなければ県が航空会社(ANA)に対して保証金を支払う。逆に目標を上回れば航空会社が地元に対して販売促進協力金を支払うというものだ。

引用元: 北海道、青森、茨城、能登… 独自の活性化策で利用客を増やす地方空港 | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です