外食マーケットのポテンシャル

ちょっとざっくりすぎるような気はしますがこのような外食マーケットの白地の出し方があるんですね。

3月1日の日経BPの記事の中で、日本マクドナルド元社長の原田泳幸さんは次のようにおっしゃっています。

「日本の外食産業の市場規模は年間7.7兆円と言われています。対して、家庭で食べる内食は、食材費だけでも年間21兆円です。外食産業の原材料が売上高の3分の1とすると、「21兆円×3」で、内食が全て外食に置き換われば、63兆円に市場が膨らむ計算になる。つまり、外食産業には63兆円分の潜在需要があるわけです。

日本の外食産業の市場規模は7.7兆円です。マクドナルドの売上が約3,000億円なので、外食産業での優位性を継続すれば、まだまだ業績が拡大する潜在能力はあるのでしょう。また、家庭で食べる内食は食材費で21兆円、外食産業における売上に換算すると、63兆円です。つまり、日本において一日3食の食事の市場規模は、外食産業の売上換算で84兆円です。その84兆円を外食(ファーストフード、ファミリーレストラン、高級レストラン)中食(スーパーの惣菜やデパ地下)、内食(家庭での調理)で奪いあう必要があります。

引用元: 2/3 人口減で競争激化のマクドとモスの将来性は? [株・株式投資] All About.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です