【知る】「夢」と「語りあい」が従業員の満足度を高める。

マブチモーターの離職率を下げ、技能伝承できるわけ。

「夢看板」を掲げ、従業員と語り合う。

「夢」と「語り合い」はやはり大事だ。

社員の定着を促すため、ベトナムマブチでは、会社や組織の目標を「夢看板」という形で、社員の目に付く食堂前などに掲げる。例えば、北橋社長は「地域に喜ばれる会社にする」「なくてはならない会社にする」という言葉を夢看板に記している。それを従業員と語り合う。また目標達成のために約400の研修講座を取りそろえて、従業員の奮起を促す。

情報源: 成長市場・アジアに技能伝承 – マブチモーター:設備保全という“共通言語”を持つ:ITpro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です