【やる】幅広く「型」や「事例」を知り、適用し創造すること。

幅広く「ビジネスモデル」を知っていることは重要で、
当てはめながら思考することで秀逸な企画が生まれる余地がある。

金融ビジネスにおける定石のビジネスモデルを不動産業に取り込むことで非常に安定したビジネスモデルを構築した「スターマイカ」(p.22)、

高速ツアーバスの世界でネットを通じたボリューム型の市場に転換しホテルでのノウハウを活かした「楽天バスサービス」(p.35)、

素材のブランド化という一見意味のなさそうなことを別々の業界で行った「ゴアテックス」と「インテル」(p.49)、

ホテルのコンシェルジュをお手本に法人をやめて個人サービスに特化した「スルガ銀行」(p.56)、

GPSとセンサーを組み込むことで部品の需要予測が出来るようになった「コマツ」と業界は違えど同じアプローチを行った「富士ゼロックス」(p.65)、

旅館業から再生・運営受託事業へと転換し所有と運営を分離した「星野リゾート」そして同様に所有と運営を分離した「パーク24」(p.79)、

タイヤ貼り替え再生(リトレッド)事業に乗り出すことで顧客価値を再定義した「ブリヂストン」と同様に顧客価値を再定義した「GE」の航空機エンジン事業(p.91)

引用元: なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編 | Social Change!.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です