webkoto の紹介

とあるメディア企業のWEB担当者です。 「儲からないけど必要なメディア」をたくさん世に出せるようなしくみをそのうち創りたいと水面下で画策しています。 webがその世界観を実現できるツール、プラットフォームだと思っているので、今アンテナを高めに立てています。

【知っておく】戦略は全体は「合理」で部分が「非合理」が一番いい!

戦略は全体は「合理」で部分は「非合理」が一番よい。

真似したくならない強い戦略。

面白い概念だ。

戦略は、ストーリー全体が「合理的か非合理的か」と、部分が「合理的か非合理的か」のバランスで考えます。

「各部分:非合理、ストーリー全体:非合理」だと、単なる愚か者。ここを目指す人はいません。

楠木氏は、「ストーリー全体:合理的、各部分:合理的」の組み合わせを指して「普通の賢者」だといいます。これを目指そうとする人もいるが、他社に真似をされる余地がおおいに残るパターンです。

では「各部分:合理、ストーリー全体:非合理」はどうかというと、意外に陥りがちな、「合理的な愚か者」なのだということ。そうではなく楠木氏は、部分部分を見ると「おかしい(非合理だ)」けれども、ストーリー全体としては合理的に儲かる理屈ができているのが、優れた戦略であるとして、そうした戦略を作れるのが「真の賢者」だといいます。

部分が非合理で全体が合理というのは、他社が「まねられない」ではなく「まねる気にならない」戦略。

たとえばAmazonはECなのに大量の倉庫を作っていて在庫を大量に持っています。これは、投資家から見ると効率が悪くおかしいところ(部分を見ると非合理)。

しかし、Amazonのストーリーは「顧客の購買意志決定を支援する」ことであり、顧客が購入したいと思ったときに、「いつ届くか」の情報は、価格と同じぐらい購入の意思決定にとって大切。

だから、顧客の購買意志決定を支援するには商品配送のタイミングまで示さなければいけない。だから在庫を持っているのだというのです(全体としては合理)。

情報源: 「これからはFacebook」や「シナジー」は戦略ではない。優れた戦略ストーリーの起承転結とは? | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum

【知る】「夢」と「語りあい」が従業員の満足度を高める。

マブチモーターの離職率を下げ、技能伝承できるわけ。

「夢看板」を掲げ、従業員と語り合う。

「夢」と「語り合い」はやはり大事だ。

社員の定着を促すため、ベトナムマブチでは、会社や組織の目標を「夢看板」という形で、社員の目に付く食堂前などに掲げる。例えば、北橋社長は「地域に喜ばれる会社にする」「なくてはならない会社にする」という言葉を夢看板に記している。それを従業員と語り合う。また目標達成のために約400の研修講座を取りそろえて、従業員の奮起を促す。

情報源: 成長市場・アジアに技能伝承 – マブチモーター:設備保全という“共通言語”を持つ:ITpro

【これは知っておく】「制約」が実は「創造性」への第一歩

「制約」が創造性を育む。

脳とは無限に近い可能性をもつ神経の集合体であり、「何に注意を与えないか」という選択に、実は多くの時間とエネルギーを費しているということだ。

その結果、効率性を重視すると、創造性が犠牲になる。われわれは通常、散文的に考えており、象徴的で詩的な思考は行っていない。そして、予期せぬ障害物、簡単には乗り越えられないハードルに行き当たって初めて、認知の連鎖がゆるめられる。それによって、無意識の中にかすかに光る、普通では考えつかないつながりに至る新たな道を発見することが可能になるのだ。

このことは、詩の形式がいつまでも廃れない理由を説明している。ソネットという形式があるおかげで、より大局的な思考が行われ、平凡な連想を超えた、オリジナルな詩が生み出されるのだ。きっかり3音節で韻を踏んでいる言葉を見つけたり、弱強格に合う形容詞を思いついたりしなければならないおかげで、詩人はありとあらゆる予想外の連想に出合うことができる。

ポール・ヴァレリーが言っていたように、「芸術が固有に備える制限によって、その想像が鈍ってしまうのではなく刺激される時、人は詩人となる」。彼らは、束縛に進んで入りこむことによって、拘束を超えているのだ。

情報源: 「制限」が創造性を高める理由 Page2 « WIRED.jp

【たまに見る】「ハイプ・サイクル」で発想してみる

ハイプ・サイクルはたまに見てみると、既存のアイデアと組み合わせて発見があることも。

たまには見よう。

ハイプ・サイクルは、IT関連の様々な技術に関して技術の成熟度やビジネスへの貢献度、今後の方向性などを分析してグラフィカルに表現した図のこと。

情報源: ITproまとめ – ハイプ・サイクル:ITpro

【実践する】頭の中に「イメージボード」を作り、企画をするということ

「映画は、1枚の絵から始まる。」

サービスの企画においても、これくらいの具体的なイメージを持った上で企画をするとよい。

つまり、「頭の中に1枚のイメージボードを持って、企画をすること」が実践するテーマである。

この映画を象徴する、一枚の絵を描くこと──。

それは、その絵一枚で、映画の世界観を想像させるものでなければならず、映画に登場する1シーンでなければならず、いずれはポスターとして成立するようにしなければならない。 曰く、高畑勲監督や宮崎駿監督は、イメージボードというものを描く。(高畑監督の場合は、具体的なイメージを口頭で伝え、メインスタッフが絵を描いている)

イメージボードとは、まだ見ぬ映画の中に、どのような世界が存在し、如何なるキャラクターが息づくのかを、描きだしたもの。実写・アニメーションを問わず、映画は映像が命。いくら血湧き肉躍るストーリー展開や、魅力的なキャラクターを用意しても、説得力のある映像を作ることが出来なければ、映画は成立しない。

優れた映画は、1カット観れば解ると言いますが、実際に映画に登場する、魅力あふれる1シーンが描けたとき、まだ見ぬ映画は、そこに立ち現れる──と言うのです。

情報源: 映画『ゲド戦記』制作日誌 – 全ては一枚の絵から始まった ─世界観(1)─

【やる】幅広く「型」や「事例」を知り、適用し創造すること。

幅広く「ビジネスモデル」を知っていることは重要で、
当てはめながら思考することで秀逸な企画が生まれる余地がある。

金融ビジネスにおける定石のビジネスモデルを不動産業に取り込むことで非常に安定したビジネスモデルを構築した「スターマイカ」(p.22)、

高速ツアーバスの世界でネットを通じたボリューム型の市場に転換しホテルでのノウハウを活かした「楽天バスサービス」(p.35)、

素材のブランド化という一見意味のなさそうなことを別々の業界で行った「ゴアテックス」と「インテル」(p.49)、

ホテルのコンシェルジュをお手本に法人をやめて個人サービスに特化した「スルガ銀行」(p.56)、

GPSとセンサーを組み込むことで部品の需要予測が出来るようになった「コマツ」と業界は違えど同じアプローチを行った「富士ゼロックス」(p.65)、

旅館業から再生・運営受託事業へと転換し所有と運営を分離した「星野リゾート」そして同様に所有と運営を分離した「パーク24」(p.79)、

タイヤ貼り替え再生(リトレッド)事業に乗り出すことで顧客価値を再定義した「ブリヂストン」と同様に顧客価値を再定義した「GE」の航空機エンジン事業(p.91)

引用元: なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編 | Social Change!.

【意識する】「悩む」と「考える」は違う。

「悩む」と「考える」は違う。
ゴールをイメージし、実現方法を考える。

なりたいこと、やりたいことをありありとイメージし、
実現するための方法を一歩ずつ考えよう。

不安とトラブルは違うと書きました。

そもそも、「考えること」と「悩むこと」は違うのです。

僕は22歳で劇団を旗揚げしました。今と違って、学生劇団からプロを目指すなんて、誰もやっていませんでした。当然、旗揚げの時は、不安でした。
早稲田大学演劇研究会という所にいたのですが、先輩が、僕に、「鴻上、劇団、どうするの?」と聞いてきました。
「今、どうしようか考えているんですよ。旗揚げしたほうがいいのか、やっていけるのか……」
と答えると、その先輩は、
「考えてないじゃん、悩んでるんだろう」
と言いました。えっ? という顔をすると、先輩は、
「考えることと悩むことは違うよ。考えるっていうのは、劇団を旗揚げして、やっていけるのかどうか――じゃあ、まず、今の日本の演劇状況を調べてみよう。自分がやりたい芝居と似たような劇団はあるのか、似たような劇団があれば、どれぐらいのお客さんが入っているのか、自分の書く台本は演劇界の中でどれぐらいの水準なのか――そういうことをあれこれ思うのを考えるって言うんだよ。当然、調べたり、人に聞いたりもするよね。悩むってのは、『劇団の旗揚げ、うまくいくかなあ……どうかなあ……どうだろうなあ……』ってウダウダすることだよ。長い間悩んでも、なんの結論も出ないし、アイデアも進んでないだろ。考える場合は違うよ。長時間考えれば、いろんなアイデアも出るし、意見もたまる。な、悩むことと考えることは違うんだよ」

これもまた、目からウロコのアドバイスでした。

トラブルは考えることができますが、不安は、ただ悩むだけです。悩めば悩むだけ、不安は大きくなります。

(中略)

 僕が、悩むことと考えることの違いを聞いて、目からウロコが100枚くらい落ちたのは、有効な時間の使い方を発見したからです。
 悩むとあっという間に時間が過ぎます。そして、何も生まれていません。「どうしようかなあ……」と堂々巡りを続けるだけです。
 考える場合は、時間が過ぎたら過ぎただけ、何かが残ります。それが結果的に間違ったことでも、とりあえず、何かやるべきこと・アイデアが生まれるのです。
 そして、その何かをしている時、不安は少しおさまるのです。

引用元: 活字中毒R。.

【やる】「アンラーニング」しなくてよい学びをする

「コンサル」と「事業経営」は異なるもの。
より実践型の知識を身に着けよう。

世の中のほぼすべての人が知っている「言うのとやるのでは大違い」というのを、年収数千万円のコンサルタントだけがうっかりするというのは、もはや滑稽といえる。しかもコンサルティングで身につけたスキルや癖は、事業リーダーとしては役に立たないどころか邪魔になることが多い。今でも苦しみながら「unlearning(学習消去)」を続ける毎日だ。

引用元: 不格好経営 : ロサンゼルスMBA生活とその後.

【意識する】「外的な役割の獲得」が「モチベーションの持続性」を創る

「外的な役割の獲得」が「モチベーションの持続性」を創る。

他人のために、自分の役割を見つけるという「外的な役割の獲得」によって、主人公が、より「折れにくい」モチベーションを得て、潜在能力を発揮する姿が描かれています。たしかに、金銭や褒賞といった外発的なものに比べて、自己研鑚や自己実現といった内発的なモチベーションはより強いものです。しかし、それが「自分個人」の中で閉じている場合、その持続性や耐久性には限界があるのかもしれません。チームワークにおいては、加えて「他人(チーム)のため」という尺度でのモチベーションをうまく作りあげることで、その強度をさらに高めることができるという示唆が、ここにはあるような気がします。

引用元: 強いモチベーションはどう作る? 弱虫ペダルから考える動機付けの重要さ | サイボウズ式.

【動向】TIS、「CardSpring」と提携しCLOサービスを展開

TISがCardspringと提携して、CLOサービスを提供している。

TISは、米国でCLO(Card Linked Offer)プラットフォームサービスを提供する「CardSpring」(Twitterが買収)と、日本市場におけるサービス提供に関して業務提携し、カード決済ネットワークを活用したCLOサービスを提供する。

引用元: Twitterの「CardSpring」と提携し、メディア事業者を中心にCLOサービスを展開(TIS) « ペイメントナビ – カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト.