外食マーケットのポテンシャル

ちょっとざっくりすぎるような気はしますがこのような外食マーケットの白地の出し方があるんですね。

3月1日の日経BPの記事の中で、日本マクドナルド元社長の原田泳幸さんは次のようにおっしゃっています。

「日本の外食産業の市場規模は年間7.7兆円と言われています。対して、家庭で食べる内食は、食材費だけでも年間21兆円です。外食産業の原材料が売上高の3分の1とすると、「21兆円×3」で、内食が全て外食に置き換われば、63兆円に市場が膨らむ計算になる。つまり、外食産業には63兆円分の潜在需要があるわけです。

日本の外食産業の市場規模は7.7兆円です。マクドナルドの売上が約3,000億円なので、外食産業での優位性を継続すれば、まだまだ業績が拡大する潜在能力はあるのでしょう。また、家庭で食べる内食は食材費で21兆円、外食産業における売上に換算すると、63兆円です。つまり、日本において一日3食の食事の市場規模は、外食産業の売上換算で84兆円です。その84兆円を外食(ファーストフード、ファミリーレストラン、高級レストラン)中食(スーパーの惣菜やデパ地下)、内食(家庭での調理)で奪いあう必要があります。

引用元: 2/3 人口減で競争激化のマクドとモスの将来性は? [株・株式投資] All About.

マクドナルド業績悪化に見られるフランチャイズ化の功罪

メイドフォーユーは実はFC化にあたっては、店舗への権限を持たせ、

店舗の自律を促す意味でよいらしい。なるほど。

メイドフォー・ユーとFC化の相性は良い

そのヒントは、原田社長が出演した2012年3月22日のカンブリア宮殿(テレビ東京)の内容にあると考えています。原田社長が登場したカンブリア宮殿では、業績を立て直した切り札として、メイドフォー・ユーという、店舗で加工する割合を増やしたシステムがあげられています。以前は、加工された食品を店舗で電子レンジで暖める作業に限定されていたのに対して、店舗で製造することにウエイトを置くようになった訳です。

さて、上記は店舗での加工割合が増加したという技術的な説明で、FC化という企業形態とは異なる話のように思えるでしょう。しかしながら、現場の作業形態の変化には、それに適した経営形態への移行が、実はとても重要なのです。そして、それを理論的に体系付けて説明してきたのが、近年の組織の経済学の最も重要な成果の一つです。このような店舗での作業が増える際には、店舗に権限を持たるために、分社化やFC化を行い、店舗での裁量の余地を拡大することが望ましいというのが組織の経済学の基本的なメッセージです。

引用元: マクドナルド業績悪化に見られるフランチャイズ化の功罪 中泉拓也(関東学院大学 経済学部 教授) : シェアーズカフェ・オンライン.

越中ハンザ都市『空路』

富山空港は小さいことがアキレス腱となっている。

拡張が必要そうだ。

<富山空港の問題点>

 

問題点が多いのも、富山空港である。国際空港化が進む中で、課題となってきているのが、空港の規模の小ささだ。現在の富山空港は、2000メートル滑走路の為、国際線に必要な中長距離路線の開設が難しく、ジャンボ機・貨物機の就航も不可能となっている。冬場の凍結時は、ボーイング767・777やエアバスA320の場合、定員を満席にする事が出来ない。石川県(小松空港)との上海路線誘致合戦では、石川県側議員が、「富山(空港)は、足が短い」と、上海側への売り込み材料にされるなど、不利な要素となった。また、富山空港は県が管理する第三種空港という事もあり、空港整備や海外への売り込みでも魅力的には感じてもらえないのが現実である。

地方の主要空港は、滑走路の拡張が進んでいる。九州各県の空港では、熊本・鹿児島・長崎・大分が3000メートル化、福岡が2800メートル化、宮崎・北九州が2500メートル化(北九州は将来的に4000メートル化)、佐賀には2000メートルの新設空港が整備された。四国でも、各県全ての空港が2500メートル化され、東北では、仙台・福島が3000メートル化、岩手花巻・青森・秋田が2500メートル化、秋田・山形では1県2空港化を実現させている。これら地方空港の中でも、富山空港は、かなりの遅れをとったと言えるのだ。

また、現在の空港ターミナルは、年間120万人が利用するには手狭な為、いつも待合室は満杯状態。富山空港では、国内線ターミナルビルと国際線ターミナルビルの一体化工事(電源室移転)を二期に分けて行なったが、それでも隣接県の小松空港ターミナルや新潟空港ターミナルに比べると見劣りがする。

河川敷空港のために、増便も難しいのが現状だ。現実、台湾のチャーター便が人気であるにも関わらず、発着枠が足りないことから減便せざるを得ない事態も起こった。また、エバー航空の機材大型化にともない、滑走路の短い富山空港への乗り入れが出来なくなるという問題も出てきた。そういった事もあり、台湾定期便誘致では小松空港に先を越される結果となった。

現在、富山空港の発着枠は、1日に15便しかない。隣県の空港と比較しても、この発着枠は非常に少なく、富山空港の足かせ(アキレス腱)となっている。富山空港への常駐管制塔要員確保も実現しており、離発着の飛行ルートを再検討し、更に周辺住民への理解も得ながら、早急に増枠を検討する必要があるだろう。

まずは、緊急的な対応として富山空港の拡張を検討したいものだ。

越中ハンザ都市『空路』.

 

北海道、青森、茨城、能登… 独自の活性化策で利用客を増やす地方空港

「搭乗率保証制度」は面白い取り組み。

目標達成に対する地元の団結感は出るだろうな。

地方空港の成功モデルといわれる能登空港。注目を集めているのが全国初の「搭乗率保証制度」である。事前に地元が搭乗率を保証し、目標(一定のバッファー含む)に満たなければ県が航空会社(ANA)に対して保証金を支払う。逆に目標を上回れば航空会社が地元に対して販売促進協力金を支払うというものだ。

引用元: 北海道、青森、茨城、能登… 独自の活性化策で利用客を増やす地方空港 | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト.

新幹線VS.航空 北陸の陣

北陸新幹線開通で新幹線vs航空の構図に。

新幹線VS.航空 北陸の陣 15年春開業、東京―金沢2時間半  :日本経済新聞.

 東日本旅客鉄道(JR東日本)と西日本旅客鉄道(JR西日本)は27日、来年3月14日に北陸新幹線を開業すると発表した。東京―金沢などの移動時間を1時間以上短縮する。首都圏から北陸地方には航空機を使った移動が多かったが、開業で人の流れは大きく変わる。北陸地方はアクセスの良い関西経済圏との結びつきが深い。しかし関東から足を運ぶのが容易になることで、経済圏の構図が変わる可能性もある。

 

 北陸新幹線は1997年に運行を始めた東京―長野を金沢まで延伸して開業する。東京から上越新幹線で越後湯沢に向かい、そこから特急「はくたか」を利用して金沢を目指すと約3時間50分かかるが、これが2時間28分に短縮される。東京―富山は約3時間12分から2時間8分になる。「かがやき」は1日10往復、停車駅の多い「はくたか」は14往復、富山―金沢間の「つるぎ」は18往復運行する。

サイクリングイベントで地域活性化

ネタ的には新しい。

博報堂、地域固有の観光資産を活かしたテーマ型地域活性コンテンツ 「RIDEQUEST」事業をJTBと共同開発 | 博報堂 HAKUHODO Inc..

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)と株式会社JTB関東(埼玉県さいたま市、代表取締役社長:今枝敦)は、地域活性化とスポーツイベントを掛け合わせた、新しいサイクリングイベント「RIDEQUEST」事業を開始、第一回目である「越後妻有 RIDEQUEST 2013」の参加者募集を7月22日(月)より開始いたしました。

 近年、地域活性は地ブランド、アート、映画、アニメなど、新しいテーマを積極的に取り入れ、みずから観光資源を創造して推進する「テーマ型」の地域活性が注目を集めています。「RIDEQUEST」は自転車を移動手段として、その地域が持っているテーマ性のある地域資源を中心としたスポットを各自のペースで自転車で巡り、楽しむことができる全く新しいイベントです。

 

 「越後妻有 RIDEQUEST 2013」は、越後妻有のアート文化を楽しめるほか、越後妻有地域の村の方々が地域の特産品でお迎えするエイドステーション、地域のテーマに合わせたスタンプラリーなどを用意、地域の観光資源に新たなスポーツイベントの魅力が融合されたサイクリングイベントです。

きゃりーぱみゅぱみゅがヒットした理由

合理的でない感性のマーケティング。

マーケティング戦略が秀逸です。

きゃりーぱみゅぱみゅの戦略、は、一貫して感性に訴える手法を取り続けている。
・「きゃりーぱみゅぱみゅ」というネーミング。
・意味性は薄く、頭から離れない歌詞、フレーズ、リズム。
・POPカルチャーが詰め込まれたミュージックビデオ(MV)。

そしてそれらを牽引しているのが、きゃりー本人の圧倒的な個性・センスと、
その個性をそのまま生かしきる中田ヤスタカや増田セバスチャンといったプロデューサー陣の手腕と言える。

 

きゃりーぱみゅぱみゅは何故ヒットしたか?マーケティング戦略まとめ – NAVER まとめ.

博報堂、「全国47都道府県メディア接触分析」、全体を5つに分類

全国47都道府県別のメディア接触傾向を5つに分類した結果について、博報堂から発表されていた。

博報堂DYメディアパートナーズ、「全国47都道府県メディア接触分析」を発表 | ファインドスター広告ニュース.

 

分析の結果、全国47都道府県の生活者のメディア接触パターンは、①カントリーマス、②ラジエリアン、③テレビラバーズ、④アベレージニッポン、⑤ネットシチズンの5通りに分類されることが分かった。近年、ソーシャルメディアの普及や、スマートフォンをはじめとする情報機器の普及により、生活者によるメディア接触状況は大きく変化しつつあるが、全国規模でメディア接触状況の変化が均一に進んでいるということはなく、地域によって特徴が分かれることが明らかとなっている。