【知っておく】戦略は全体は「合理」で部分が「非合理」が一番いい!

戦略は全体は「合理」で部分は「非合理」が一番よい。

真似したくならない強い戦略。

面白い概念だ。

戦略は、ストーリー全体が「合理的か非合理的か」と、部分が「合理的か非合理的か」のバランスで考えます。

「各部分:非合理、ストーリー全体:非合理」だと、単なる愚か者。ここを目指す人はいません。

楠木氏は、「ストーリー全体:合理的、各部分:合理的」の組み合わせを指して「普通の賢者」だといいます。これを目指そうとする人もいるが、他社に真似をされる余地がおおいに残るパターンです。

では「各部分:合理、ストーリー全体:非合理」はどうかというと、意外に陥りがちな、「合理的な愚か者」なのだということ。そうではなく楠木氏は、部分部分を見ると「おかしい(非合理だ)」けれども、ストーリー全体としては合理的に儲かる理屈ができているのが、優れた戦略であるとして、そうした戦略を作れるのが「真の賢者」だといいます。

部分が非合理で全体が合理というのは、他社が「まねられない」ではなく「まねる気にならない」戦略。

たとえばAmazonはECなのに大量の倉庫を作っていて在庫を大量に持っています。これは、投資家から見ると効率が悪くおかしいところ(部分を見ると非合理)。

しかし、Amazonのストーリーは「顧客の購買意志決定を支援する」ことであり、顧客が購入したいと思ったときに、「いつ届くか」の情報は、価格と同じぐらい購入の意思決定にとって大切。

だから、顧客の購買意志決定を支援するには商品配送のタイミングまで示さなければいけない。だから在庫を持っているのだというのです(全体としては合理)。

情報源: 「これからはFacebook」や「シナジー」は戦略ではない。優れた戦略ストーリーの起承転結とは? | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum

きゃりーぱみゅぱみゅがヒットした理由

合理的でない感性のマーケティング。

マーケティング戦略が秀逸です。

きゃりーぱみゅぱみゅの戦略、は、一貫して感性に訴える手法を取り続けている。
・「きゃりーぱみゅぱみゅ」というネーミング。
・意味性は薄く、頭から離れない歌詞、フレーズ、リズム。
・POPカルチャーが詰め込まれたミュージックビデオ(MV)。

そしてそれらを牽引しているのが、きゃりー本人の圧倒的な個性・センスと、
その個性をそのまま生かしきる中田ヤスタカや増田セバスチャンといったプロデューサー陣の手腕と言える。

 

きゃりーぱみゅぱみゅは何故ヒットしたか?マーケティング戦略まとめ – NAVER まとめ.

ヤフーのポータル回帰から今後のWEBを考える

ヤフーがなぜポータル回帰したかの解説。わかりやすい。

なぜヤフーのマリッサ・メイヤーは、ネットポータルに回帰するのか « WIRED.jp.

 

「ピーナツバター」と呼ばれる広く浅くサービスを展開した時期を一時期否定しつつも、その否定はサービスを広く浅く展開をした事業内容のことではなく、その広く浅く展開するときの従業員のマインドに対してであると置いた。

つまり、「起業家精神の欠落」。それが、大きな問題と置いた。

そう置いたうえで、改めてポータル回帰したのは、やはり「データ」での勝負がこれから不可欠だからだという。

データ」を得るために、さまざまなサービス上での利用行動の情報を得ることが重要で、自社のサービスだけでは十分ではないと判断した上での展開ということだ。

google、facebook、appleに対抗するためには、確かにその展開がよいだろう。

 

しかし、個人的には「データ」がはやりすぎていて、少し疑問を感じる。

本当に「データ」を活用する以外に、これからのWEBの未来は開けないのかと。

みんな同じ方向を向きすぎでは?と逆説的に感じる。

あえて逆を向いて進む人たちにイノベーションの光が照らされるかもしれない。

 

 

サイバーの子会社がスマートフォン向けリスティング会社(CyberSS社)を立ち上げ

サイバーエージェントの子会社がスマートフォン向けのリスティング専門会社を立ち上げたとのこと。

スマートフォン向けSEM専門会社 株式会社CyberSSの設立について | 株式会社サイバーエージェント.

 

「スマートフォン専用のリスティング」というカテゴライズでどこまで独自性、優位性を作れるのだろうか。

 

サイバーエージェント、CAテクノロジーを吸収合併して事業効率化 | Web担当者Forum

サイバーテクノロジーが解散するとのこと。

サイバーエージェント、CAテクノロジーを吸収合併して事業効率化 | Web担当者Forum.

 

目的は経営資源集中による効率化と事業発展。

単独では、業績が立ちゆかなかったということでしょうかね。

なかなか厳しい業界です。

いたって普通のmixiのスマホ戦略

mixiのスマホ戦略です。
Slideshareで見れるプレゼンテーションつきです。

mixiのスマートフォン戦略(プレゼンテーション資料つき) | THINK SOCIAL
http://pr.mixi.co.jp/2011/06/10/mixi-3.html

中身はいたって普通のことを言っています。

オプトがADPLAN事業などを会社分割して、新会社へ移行。新会社名は「PlatformID」

オプトがADPLAN事業などを会社分割して、新会社へ移行するそうだ。

オプト、インターネット広告配信・効果測定事業を会社分割、CCCと共同運営:MarkeZine(マーケジン) http://markezine.jp/article/detail/13837

オプトは、Xrost事業(インターネットにおけるユーザーのマーケティングデータ連携・広告配信)とADPLAN DS事業(インターネット広告の効果測定システム、サイト内解析システムの提供)を会社分割し、7月に新設する「株式会社Platform ID」へ承継する。
 Platform IDの設立後、オプトは資本・業務提携関係にあるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に、保有するPlatform IDの株式の一部(49.0%)を譲渡し、CCCと共同運営する。Platform IDは7月6日に設立する予定で、代表取締役社長はオプト取締役の野内 敦氏が就任する。

CCCの顧客基盤と、多くの広告主のサイトに埋め込まれているADPLAN。
大量のデータで、CCCや広告主ともに打ち手が増えそうだ。

こちらはちょっと前のニュース。
CCCとオプトが資本・業務提携、広告商品開発で合弁会社設立へ:
http://markezine.jp/article/detail/12949

TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、ネット広告代理店オプトとの資本・業務提携を発表した。両社は今後、ネットとリアル店舗などのサービス連携による広告商品の開発を実現するために、合弁会社を設立。また、CCCの顧客基盤に対するサービスとオプトが展開するeマーケティングサービスとの連携を行う。

AT&Tが米国最大の携帯事業会社へ

AT&TがT-mobileを買収するとのこと。
買収金額は390万ドル。

AT&T、T-Mobile USAを390億ドルで買収へ–米国最大の携帯電話事業者に – CNET Japan

これで、いっきにAT&Tが米国最大の携帯事業会社になります。
総契約者数は1億2800万人になるとのこと。

GSMを利用したいと思う人は選択の余地がこれでなくなるそうです。

アタラ、アトリビューションコンサルティングサービス開始

アトリビューションという言葉がにぎわいだしてから間もないですが、
専用のコンサルティングサービスをやるという会社も出てきました。

マーケティング・キャンペーンの全体最適化を支援する「Attribution Management(アトリビューション)コンサルティングサービス」提供開始 ATARA | アタラ

Web API開発企業のアタラ(本社:神奈川県横浜市、CEO:杉原 剛)は、適切な予算配分でマーケティング・キャンペーンの全体最適化を支援する「Attribution Management(アトリビューション)コンサルティングサービス」を提供開始します。