Googleのビッグデータ分析サービス「BigQuery」がすごい

Google、ビッグデータ分析サービス「BigQuery」を一般公開 – ITmedia ニュース.

米Googleは11月14日(現地時間)、同社のクラウド上でいわゆる「ビッグデータ」を分析する企業向けサービス「Google BigQuery Service」のプレビュー版を公開したと発表した。正式版は有料になる見込みだが、現在は無料で利用できる。

BigQueryは、同社が2010年の開発者向けカンファレンス「Google I/O」で発表したクラウド分析サービス。これまでは一部の企業を対象にクローズドなプレビュー版を提供していた。

ユーザーはGoogleのクラウドストレージサービス「Google Cloud Storage 」に分析したいデータをアップロードし、Webブラウザ経由で分析できる。同社は10月にクラウドデータベース「Google Cloud SQL 」を公開しているが、BigQueryはデータベースではなく、大容量のCSVデータの分析に向いているという。同サービスでは、テラバイト級の、数兆件のデータを含むファイルを分析できるとしている。

企業がブラウザ経由でビッグデータを分析できる。

テラバイト級のデータを分析できるというから驚きだ。

リアルタイムに分析してその分析結果を使うようなサービスには使うことはできなそうだが、データはあるけど何にも使っていなかったというような「宝の持ち腐れ」をしていた企業にとっては朗報なのではないだろうか。

 

googleの画像検索が面白い。

googleが画像で検索を開始した。
やってみると非常に面白い。
今までにない感覚だ。

Google · 画像で検索
http://www.google.com/insidesearch/searchbyimage.html

しかし、アップされた画像はgoogleの中でどう扱われているのだろう?
アーカイブされてるのだろうか?

「喜ばれるポップアップ」サービスはどこが作れるか。

スポットにつかづくとポップアップでメッセージが表示されるASPです。

スポットに近づくとメッセージがポップアップ表示されるスタンプラリーASP :ベンチャーニュース:Venture Now(ベンチャーナウ)

「喜ばれるポップアップ」が作れるサービス基盤が作れるかどうかですね。

ポップアップは、広告だと普通いやがられるので、
「カスタマーに価値のあるポップアップ」
もしくは
「カスタマーが楽しいと思えるポップアップ」
が作れることが必だと思います。

また、この手のものは店舗誘導などの肝となってきて、
広告主がたくさんつく可能性があるため、
ビジネス的にも◎です。

ポップアップものは1つの端末にたくさんあるとうざいので、
どこかに集約されることでしょう。

どこが胴元になれるか。
この辺の争いにも注目したいところです。

「東京ガールズ不動産」:不動産の女子特化型サイト

「東京ガールズ不動産」

>>東京ガールズ不動産|女性限定シェアハウス,ルームシェア物件や女性向け賃貸物件を紹介しています。

女子に特化した不動産サイト。

情報があふれてさがしにくくなっている世の中で、
このような特化型サイトは今後ニーズはでてくるだろう。

将来的にはソーシャルフィルタリングあたりが重宝されるだろうが、
そこまでの友人関係の整備だったり、友人のセレクト力がつくまでには
時間がかかるだろうから、しばらくの間はやはり専門サイトのニーズが
高まると見ていい。

グルーポン系ビジネスは誰が勝つ?

GoogleとAmazonが独自のグルーポンサービスを実施するとのこと。

GoogleとAmazon、独自の『GROUPON』系サービスを展開 | WIRED VISION

利益率もよいということで、各社が飛びついている。
グルーポン、ポンパレ、Google、LivingSocial。

群雄割拠。
はたして、誰が勝つのだろうか。